大腸がんなどの病気のサインに気づこう~駆け込みホスピタル~

がんの予防法

大腸がんを転移させないためにも日頃から予防しておくことが求められています。自分の体は自分で守って行きましょう。

定期的な検査と食生活

医者

大腸がんは放っておくと転移する病気です。そのため、早めに治療を受けて治す必要があります。治療内容は、大腸に出来たがんを手術で取り除くという方法です。しかし、大腸がんを取り除いても再発する可能性もあります。そんな時に病院の医者に再び相談をすることで、また手術をうけるのかどうかを話し合うことができます。大腸がんの症状は自覚がありません。そのため、些細なサインを見逃さないことが重要になります。症状を放置していると体内の様々な場所に転移していることも少なくないため、定期的な検査を病院で受けることが大切だと言われています。また、食事に気を付けることも必要になります。大腸がんは食事で予防しようと思えば予防できるものなので、サプリメントを摂り入れたりしながら、積極的に栄養を摂るようにしましょう。また、食物繊維豊富な食品を食べるようにすると、便通を整えてくれます。

がんと活性酸素

転移する可能性があるがんは活性酸素と深く関わっているので、抗酸化作用のある果物や野菜を食べるようにしましょう。果物や野菜には、リコピンやβカロチン、ビタミンなどが多く含まれています。そのため、普段から気を付けて摂るようにすると、栄養不足をなくすことができます。しかし、野菜嫌いにとっては食べるのが苦痛な場合もあります。そんな時は抗酸化作用のあるサプリメントを食生活に取り入れましょう。そうすることで、活性酸素を防ぐことが出来ます。また、食事のバランスを良くするだけではなく、普段からストレスに気を付けるようにしましょう。

早期発見が重要

がん細胞と大腸

悩む男性

大腸がんにかかっても自覚症状があまりないので、気づきにくいです。しかし、大腸がんにかかっているとはっきり知った時には、転移している場合もあります。そのため、しっかり治療を受けましょう。

Read More

外科の病気

患者と看護師

医療外科では、癌や胆石症、腸閉塞やヘルニアなどの病気の治療を行なっています。その治療方法は手術で取り除いたり、骨の歪みを直接治したりなどの事が行われています。早めに検査を受けましょう。

Read More

治療法の把握

ガッツポーズする医者

下肢静脈瘤とは下肢部分の静脈が血行障害となって盛り上がってしまう病気です。病状が進むとかゆみ・むくみ・だるさなどの原因となります。治療は弾性ストッキングを使った圧迫療法や薬剤を注入する硬化療法など外科療法もがあります。

Read More